創作家・イラストレーター さかほしけい

imag022.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:[原発のコト]( 10 )

8月11日★追悼と復興の花火大会★ LIGHT UP NIPPON

震災から5ヶ月目を迎える
明日 8月11日、

岩手県、
宮城県、
福島県 の東北3県 11箇所で

一斉に花火大会が開催される!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

東北を、

日本を、

花火で、

元気に。

      ライト     アップ    ニッポン
 LIGHT UP NIPPON 
         http://lightupnippon.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼開催地
 岩手県 
・宮古市田老地区 
・山田町 
・大槌町
・釜石市 
・大船渡市三陸町


 宮城県 
・気仙沼市 
・多賀城市


 福島県 
・南相馬市
・会津美里町
・いわき市


▼Twitter : @lightupnippon
2011/07/18 12:01:25
【募金受付中】8月11日、太平洋沿岸の被災地11ヶ所で「追悼」と「復興」の意味を込めて、一斉に花火を打ち上げます。LIGHT UP NIPPON http://lightupnippon.jp #LUN811


▼フライヤー
  
[クリック拡大]→PDF/796KB

  
[クリック拡大]→PDF/1.3MB

★ 8月9日-NEWS
当日、
ニコニコ生放送で、
【山田町】
【大槌町】
【気仙沼市】
【仙台市(関連イベント)】
【南相馬市】
中継行います。
→ ニコニコ生放送のページ


とのこと!
どこかのネットメディアが中継をやるだろうな~
って期待してたんだけど ニコ生がやるのだね!

なんか、、
じーんっと来るね。。




私は、
日本の【夏】が好きなのよ。

浴衣着て、
花火見て、
ビールを飲み飲み、たまやー!
・・と、ね。

今年の夏も
あたり前に通り過ぎる進行形の
四国の南西部にあるココ 宇和島からは、

東北の痛みも想いも感動のひとつも何もかも
頭でっかちの想像することしか出来ず、
わかる事ができない…とも言えるんだけど、、

それでも、

岩手でも、宮城でも、福島でも、
花火をね。

福島県いわき市に残っている友人にも、
「2011年の夏の花火」
っていう
想い出を刻んで欲しいんだ、私的には。

2011年・夏の想い出の1つに、
「花火」を、
日本の夏を、
変わらずに 味わって欲しい。


花火の儚すぎるその美しい姿を見送ってると、
また来年の夏を・・・・期待させるよね。

未来を想うことって
やっぱり・・
生きる希望、
そのものと思うんよね。



さてさて。
そしてそして。

「ライト アップ ニッポン」との連動企画の中の一つ、

京都の着物メーカー「遊禅庵」さんが発起人となり、
着物メーカーや一般人から集めた浴衣を開催地に届ける!
っていう・・こちら↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

東北を、

日本を、

花火で、

浴衣で、

元気に。


  for LIGHEUP NIPPON    
         http://yukata-aid.jp/

――「LIGHT UP NIPPON」
  追悼と復興の花火大会を、
  ゆかた姿で観覧してもらいたい。――


■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■

・・に、
とっっても共感したし、そして賛同!!

一般人な私に出来る
「賛同」の形、
10代の頃に来ていた浴衣を送らせて頂いた。

2011071811450000

今年の浴衣はどうするん?
って、友人に聞かれたけど
私のことは大丈夫さー!
心配ないさー!(…大西ライオン)

なぜならば、
アラサー記念(!?)に、
宇和島の商店街の呉服屋さんで仕立てたばかりだから。

送った浴衣は、
クリーニングしたまま眠っていたものだから、
「遠慮はいらねぇ!取っといてくれ~!」
って感じなのだ。

(…新たな主人が見つかるといいのだけど。。
 ゴミに、邪魔になってないことを、祈っている(^^;) )

そうそう。

ライトアップニッポンのサイトで、

毎日19時から
HPのトップ画面で開催中の

『バーチャル花火大会』も、
良い味出してる。


BGMは
坂本龍一さんのピアノ「赤とんぼ」
これがまた・・涙を誘う・・・・みたいなね。。

主催者が現地で・・津波で破壊された町々に声をかけて
「やりましょう!」という声を貰うまでの

『ドキュメンタリー』も、、
グッとくるんだよ、コレが。。


宮城も岩手も、福島も、
まだ何にも解決していなくって、長期戦は確実で・・・

だからこそ
8・11『LIGHT UP NIPPON』は
特別な意味と、チカラを持ってると私は想う。

・・・【追悼と復興の花火】やね。 
 
お天気がミカタしますように。



それではではまた。
 

[PR]
by imag0220 | 2011-08-10 00:54 | [原発のコト]

「6.11★【脱原発】100万人アクション!!」・・ちょっと行ってくるわ^^

震災から3ヶ月の本日
6月11日、土曜日です。

なにを持ってして[節目]といえるか
ちょっと悩んでしまったりもするけど・・

前に進んで
振り返ってみて、
おっと!と戻って寄り添って、
考えて・・感じて、
足元固めて、またスタート。

その機会が「11日」だとしたら、
1年経ったら12回、
その都度
少しずつ動き出している未来があるんじゃなかろうかー

そんなことを考えながら。

3ヶ月の今日!!!
とてつもないイベントが開催されちゃう!!

「6.11★【脱原発】100万人アクション!」
http://nonukes.jp/wordpress/ 

そしてそして、
なんとなんと、、、
今日【6.11】同時多発・脱原発【アクション】・・・の、

ナニが凄いって…‥

全国…全世界各地を中継でつないで
マルチ画面で 可視化する!
っていう・・・

゛中継市民゛による
【完全ライブ中継プロジェクト】
も、、
ハッシン!(発進&発信)


▼『6.11脱原発100万人アクション』
       完全ライブ中継プロジェクト

http://chukeisimin.info/611/

全国47都道府県はもちろん、
(それだけでも凄いが!)

日本ふくめた世界12ヶ国の、
129ヶ所から脱原発を叫ぶ!!!
(‥もっと増えてる気がする!!未確認で申し訳ない!)

▼マルチ画面で見ようぜ!のページ!
(モニターがずらっと並んでる感じで見れるとか!
 すっごいーーー面白いことになりそうね☆)
http://tanikichi.net/611-00x.html

ちなみに私は、
フリージャーナリストの岩上安身さん率いる【IWJ】の
中継市民@松山班 のお手伝いをしてる予定です!!
▼IWJ
http://iwakamiyasumi.com/


デモ、サウンドデモ(←松山はコレ)、
パレード、トーク、ライブ・・・
まったり団らん風景とかもあったりするのかな?
分からんけれども(笑)

十人十色、人間いろいろ、
いろいろで結構!・・・だけども、
許せない・・原発。。。
怖いよ原発。。。
どーすんだ原発。。。

それぞれの想いを、呟くだけでは何ちゃにならん!
アクション・・・やってみようかな!と、

『デモくらい、行っとけば(^~^)?』by岩上安身

てなわけで!

いよいよ私も
デモって見るわ!!
むしろ、
念願の、デモデビュー!
(東京、大阪とかのUst中継を見てたら
あまりにも、楽しそうだったからね…
良いな良いな病である。。ミーハーで失礼!笑)

参加会場は、、東京・・とも、迷ったけれども
やっぱり わが故郷、
四国-愛媛県-松山
『 Goodbye NUKES 
   Sound DEMO in四国』
に、
参加するぞー☆☆☆☆☆

・・・いろんな人が
いろいろな場所から
いろいろな方法で
【脱原発】を想う日になる。

大雨だとか、なんだとか、、言っておれん!
松山陣営は、
お昼の1時集合、1時30分スタート。
場所は、西堀端…ってとこに集合なんだって!

迷わずに辿りつけるかしら・・・。(土地勘なくてゴメンナサイ)

詳しくは、、

アイマグメンバー☆UNCHAIN_TGAさんのブログに載ってた!
▼『6.11 Goodbye NUKES in 四国 いよいよ本日!
http://imag013.exblog.jp/16110479/


ばたばたとして、
焦ってごちゃごちゃでゴメンナサイ!って感じですが

そうそう、
ついつい言っちゃうTwitter~で、
呟く方はハッシュタグ【 #611live 】で繋がれます!!

と、、、
時間がきたので、この辺で!

めちゃめちゃ雨ですけども、
ちょっと行ってきますわ!

では、また。



[PR]
by imag0220 | 2011-06-11 08:31 | [原発のコト]

未来の子どもたちにアホ呼ばわりされてる「平成23年3月11日~未定」という過去・・の当事者

▼イラスト
題 『「安全」と書いて「へいき」と読む』
ただちに詐欺の人と遊びたい愉快な仲間たち 
          ・・・「安全」のはずなのに。。。
(あの有名キャラ
 「プルト君」に触発された…イメージ図)

遊ぼうよ

放射線の影響による
障害の発生は、「 確率的影響 」。

その放射線量が、低くても、高くても、
被曝して(…し続けて)
寿命がくるまで元気で、
そして、
子々孫々にも、
なんにも影響がなくって【平気】っていう意味と、

「晩発障害」っていう…文字通り、
今後、
数か月、数年、数十年後…
あとから障害の出てくる
まるで時限爆弾のような【兵器】なのかは、

人、それぞれ。

『安全です』と書いてるからって、
「放射能ゼロ!」な、わけではないし、

「リスク ゼロ!保障します!」
「もし将来、何かあったら補償します!」 

とは、
決して゛言ってない゛ので、要注意。。

詐欺の横行。
どの言葉を採用するかは、自己判断…だけど。

大事な人がいるなら、
どうか、、
その人のコトだけを考えて、動いてあげてほしい。

周りの目や、言葉が気になる?
違う違う!
大丈夫。。。
どんな嫌味を言われても、軽蔑されても、
将来、、歴史が評価するよ。。。

大事な人を、
あの人を、あの子を「守れなかった」
・・・っていう
どーしょーもない、
最悪の後悔だけは、しちゃいけない。。

と、私は考えています。



どれだけの国民が、
「ただちに詐欺」に騙されたのだろう。

上杉隆氏の言葉をお借りすると、
「安全デマ」 というやつだ。

▼訂正&追記:2011/5/28
「安心デマ」→ 「安全デマ」でした。
失礼しました。
---------------------------------
3月24日【週刊・上杉隆】ダイヤモンドonline
『海外諸国と日本政府、非難範囲50kmの差
-枝野官房長官に「安全デマ」を問い質す』
http://diamond.jp/articles/-/11596
<感想>
あの日あの時・・タラれば・・・と。
悔しさが込みあがります。
初めての方はもちろん、
リアルタイムで読んでた方も、また改めて……
一読の価値あり。。
---------------------------------▲

知っていながら騙された人もいただろうし、、
素直に騙され続けている人もいるのかもしれない、、
わからんけれど、、

でも、その言葉が
被曝者を増やしたのは事実でしょう。。。

食品の基準値を引き上げたことが
風評被害の原因になっていること、
そして、「実害」も含んでしまったということ。

今までNGだった汚染食品が、
数字をいじったことで「安心食品」に変身してしまう。

これも、
もろに、詐欺の手口じゃないか。。。

子どもたちに、
核施設の労働者の
年間被曝線量と同じ・・
「20mSv/年 まで被曝させてOK」
と決めたことによって、
汚染された学校に通うはめになった、
福島の子どもたち。

そこは、
放射能マークの標識を立てるべき、
「放射能管理区域」と同じ汚染度なのに
入ってくる 人間(子ども)の
被曝OK基準値が上がったことで、
「安全」なんだそうだ。

数字は上がった(あげられた)が、
人体は放射線に強くなったわけではない。

なんにも変っていない、
ただの
普通の
小さな、
子どもたちなのに・・・・・・・・。

子どもたちは、
新陳代謝が活発=感受性が高いので、
大人の4倍、5倍、10倍の影響があると聞く。
正しい数字はわからんが、
大人よりたくさん影響を受けるという事に違いない。

詐欺師側は、それを反対されようと怒られようと
何をいわれようと、どういわれようと、、
その数字のおかしさに気づいていながら、
責任の押し付け合いをするだけで・・誰も、
未だに訂正しない。
過ちを認めない。。。。なぜ?

それでは。

子や孫を、
ただちに移住させればいい。

そうすれば、
人口流出を嘆き、
食い止めようと必死で
そして、
県民の被曝リスクを減らすために働きかけることよりも、
菅総理や東電社長を怒鳴りつけたりのパフォーマンスをし、
被曝のリスクがあるというのに・・観光客を一人でも多く呼ぶことに必死で
東京へ出て、
トップセールスしている
ゴリゴリの原発推進派の佐藤雄平・福島県知事も喜ぶだろう。

エリート(笑)という人種が、
続々と福島に集まってくれるのだからね。
客単価も上がるし、良かったじゃないか。
なんなら、
首都・福島 でもいいんじゃないか?

さて。

期待していたわけではないが、
でも、
「原子力災害」という生物最悪の有事には
どんな政府だろうと、
どんな癒着のある大手メディアだろうと・・・

国民の味方、弱者の立場になり、
正義と良心のもと
きっちり動いてくれるんじゃないかと、
僅かながら…期待は残ってたわけだけども、、

やっぱり
期待はするもんではないなーーーーーーーーー、
と、
ただちに 後悔した。

以前より、

「きっこのブログ」
 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/
「自由報道協会」
 http://fpaj.jp/
岩上安身さんの「IWJ」の動画
 http://iwakamiyasumi.com/
「低気温のエクスタシーbyはなゆー」
 http://alcyone.seesaa.net/
そして、、
ずっとずっと
原発の危険性&組織の腐敗
両面から、「原発NO」を訴えてこられてきた
方たちの集う、
「脱原発の日ブログ」
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/
Twitterの良質フォロワさんからの情報を服用していた私的には

「ただちに詐欺」や、
「不謹慎ウィルス」などの
洗脳や誤魔化しに惑わされなかった・・と
余裕をかましていたが、

2か月経った今、
なんだか「恐怖」という感覚が
かなりマヒしてきていると自覚症状。

この状態、
「茹でガエル」と いうらしい。

熱いお湯にいれると→アチチ!とすぐ飛び出す
水から火にかけると→いつの間にか、茹っている

もしかすると、

「ただちに詐欺」の狙いは
パニック回避・・・だけではなく、
この症状だったんじゃないだろうか?

最悪の状態(メルトダウン)を早くから知っていた…
からこそ、
パニック回避を最優先とした、、
と思ってたけど、
その「パニック回避」の最大に有効な手段は、自ら「茹でガエル状態になる」ことじゃないか・・と。(なんか、こんがらがってきたが・・・・伝わるといいけど)


「ただちに詐欺」という分かりやすい詐欺には
じわじわと、今では殆どの人が、疑念を抱くようになり、
公表されてる情報に違和感を感じる。

すると、
自然と・・既存メディアではなく、
ネットから情報を集めはじめる・・

その昔、天皇家も頼りにしたという・・・
「原子力資料情報室http://cnic.jp/」による、
Ustream-Liveや、ニコニコ動画での、
「テレビでは絶対に放送できない原発の真実」
・・などを語った生放送番組を
自ら選んで見て、学び始める。

そうすることによって、
衝撃的な情報、噂も含めて・・だけど、
あっという間に耳に入る。

でも、
そこでどんな最悪の情報を聞いても、
・・・公式発表ではないからと、、距離を保つ。
「半信半疑」状態になる。

その後も、
いろんなサイト、いろんな人から
何度も同じような
「最悪のストーリー」的な情報を聞く。

そうして、

「政府は情報を隠ぺいしている!」
「テレビ&御用学者は信用できない!」
と洗脳が解ける。

でもー、
実際は・・・・
公式発表が重要視されてる状態。

地方自治体…福島県、多くの企業は
「国の発表が無いので動けない」と言うように、

怪しい…おかしい…と分かっていながらも、
その場に留まってしまうコトも多かったのではないか…。

避難を考えても、それは「自主的避難」だ。。

私の、東京の知人は、
危機意識が高かったというか
以前から行動力・判断能力の抜群に高い方だったので…
発災直後、
原発がヤバいっぽい…と聞いてすぐ、
『西へ避難する。
これで何もなければ、
あとで 笑い話にしたら良いやん?』
と言って、
会社の人たち引き連れて避難された。

今となってみれば、
完全に原発はヤバかった=溶融が始まっていたらしいのだから、
「逃げて当然」だったのだけど、

当時の情報や、雰囲気では、、、
なかなか逃げようにも逃げられないのが
多くの人の現実だったのではないだろうか・・・・。。。。
だからこそ、3月中旬…あの頃、避難・疎開を選んだ人たち
ましてや、自分だけでなく皆を引き連れて・・・の彼の判断は、とても凄かったし、正しかった。

「中には、避難するものを卑怯者扱いする輩がいるようですが、
この避難決意は、歴史が評価します!」
と、これは私の送ったメールの文面だけど、
実際そうなったと、、思っている。

(皆が逃げられなかった、
だからこそ、政府の公式発表が・・必要だったと思うし、
逃げられなかった者をこれ以上の被曝を防ぐため、
その後の対策をとれるように・・・
放射能影響予測:SPEEDI(スピーディ)の公表を、
ただちにするべきだった。。この遅れ…っていうか隠ぺいも、、、、
本当に、絶対に許せないわけなんだけど。。。)

そうして2か月後の現在になって
「メルトダウンしてました」と
後だしで公表されても、

「知ってた」「やっぱりな」
「遅せーよ!」・・って、なってる。

結果的に、だ。

政府は、
未来に待ちうけている・・かもしれない(確率は高い)
被害、悲劇の[加害者]になってしまい、、、

枝野に至っては、
私から「詐欺野郎!」とディスられているし、

未来永劫、
この大失策・・の、シンボルとして、
未来の教科書にも、もちろん
その名と罪(被害が出れば、被害状況)
と、
気色悪い脂汗を流しながらフガフガ喋ってる
あの記者会見の動画が載るだろう。
(未来の教科書だから動画も見れるはず)

未来の子供らに、「きもーい」とか言われて、
デジタル教材になってるだろうけど、
やっぱり、写真は落書きされるだろう。。
やってやれ!子供たち!!

で。

彼らも人間、
私ごときに「くそばか」とに言われてハートを傷つけられたかもしれないが、
彼らの恐れた、絶対に回避したかった・・であろう、
パニックは起きてない。

これは私の妄想だけども・・・

彼らはこれで
作戦成功・・・・・・・・・・・なんだろうか。。。

被曝させまくって、
満足か?

さて。

3月11日以降ずっと言ってるけど、、
子ども、若者は、
できる限り西へ逃げてほしい・・・逃げて。

これは、原子力災害・・・だからね?

でも、今、
「メルトダウンしちゃってました」と聞いても、
さっきから書いてるように、
茹でガエル状態だから、
半分笑いながら「案外平気ね」
なんって声が多方面から聞こえる。

諦め・・・とも言えるかもしれないが。。。。

・・・・・・・・・・・・ありえない。

というわけで。。。

東日本の皆さん…は特に、
証拠を、残した方がいいと聞きます。

日記、メモ、ブログ(どうかな?)・・・
とにかく、
自分が何を食べ、どこへ行き、どう動いたか…記録を。。

ただちには、必要なくても、
将来未来に、
直ちに味方になるはず。。。

って、
まだ諦めたらイケンけどね!
そして、諦めないけどね。
(周りが騒ぎ続けないといけないね、って思ってる)

どうか、
子ども、若者は、、、
被曝しない生き方を選択、、
できるものなら、選んでほしい。

西日本の我々も、
他の事故事件を起こさないように…

南海地震や、
中央構造線の大地震、
阿蘇山の噴火が起きないように、
祈るしかない。。。。

四国-愛媛の西にある「伊方原発」は、
そういう意味でも、浜岡と同じく、止めるべきです。

頑張ろう日本!
頑張ろう東日本!
オールジャパンで!!!

というなら、原発は稼働させていては、ダメだ。

若者のためを思うなら、
原発はもう、作ってはいけない。

「脱原発」の選択しか、もう、ないでしょうが。。。
安全面でも、コスト面でも。。。



というわけで。。。

久しぶりのブログ更新でした。
思いつきでタラタラやったので
のちのち、修正等していくかも・・ですが、
ひとまずUP。

3.11以降、
この放置ブログにも
アクセス数が伸びていて、

きっと、『カテゴリ[原発のコト]』
辿りつかれてるのかな・・・??とか想ってます。
内心、とっても複雑です。。。

地震、大津波、原発・・・・爆発、
メルトダウン、放射能汚染。。。。

「ありえない!ありえない!」
と何百回くらい叫んだか…
っていう、あの日以来。。

悪夢のような現実、、
まさか自分が生きてる間に…と、
東日本に心かたむける2か月。

もうね、
日本全体の問題でもあるし。。
なんなんでしょうね。。。。

こんな現実、待ってなかったのになぁ・・・
悲劇が起きてしまって・・・・・
それでココに辿りついて頂き、、
これもご縁というのかね・・・・・・とね。。。

こんなハズじゃなかったハズなのにね…。
そうじゃなくって、
良かったのにね・・・・と。
イロイロ思うところはあるんですけど、、、でも、
ご来訪ありがとうございます。。

でもココ、
せっかく覗いて頂いても
なんにも得るもの(情報)書いて無くて、
申し訳ないです。。

まだまだ続く、この最悪の国難・・・・
何度ココロ折られても、、、
命ある限りは
立ち上がるしかないなぁと思っているわけです。。

とか、偉そうなこと言いながら、
何もできてなくて、、、、、、
申し訳ない・・・ですが。。。。




それと、
3.11直後、FNSにエレカシが出てて、
あぁ・・・・・・・・
・・っと思い出したこの曲を、
貼っときますね。

それでは、ではまた。

 ▼『ガストロンジャー』
 エレファントカシマシ(1999年)


お前、正直な話 率直に言って
今の日本の現状をどう思う?

俺はこれを
憂うべき状況とは全然考えないけれども、
かと言って
素晴らしいとは 絶対 思わねぇな、俺は!

翻って・・自分自身の現状を かんがみるに、
これはやっぱり
良いとも悪いとも言えねぇな俺の場合は。

君はどうだ? 君はどうだ・・??

俺はこれを
憂うべき状況とは全然考えないけれども、
ならば これが良いのか?
と問われれば 
「まぁまぁだ」と答えざるを得ないのが
大いに 不本意 だ。

もっと【力 強 い 生 活】をこの手に。

Oh!!
胸をはって・・

胸を張って 出かけようぜ



俺が生まれたのは
そう
いわゆる 高度経済成長の真っ只中で、
それは
日本が敗戦に象徴される 
黒船以降の
欧米に対する鬱屈したコンプレックスを
一気に解消すべく、

我々の上の世代の人間が
神風のように
猛然と追い続けた、

ただの、
繁栄という名の、

そう
繁栄という名の、
繁栄という名のテーマだったんだよ



そして俺たちが受け継いだのは・・

豊かさ と、どっちらけだ。
あげくがお前
人の良さそうな 変なヤツがのせられて
偉くなっちゃって、総理大臣になっちゃって、、

それでも 
そこそこ俺達は生活してんだから
訳わかんねえよなあ?おい・・・・・・

化けの皮剥ぎに でかけようぜ、、

化けの皮を剥がしにでかけようぜ!


「くだらねぇ世の中」「くだらねぇ俺たち」

って、
百年前から誰でも言ってるよ。。。

お前変わんねえんだよそれ、、、
お前・・縄文時代から変わんねえんだよ、お前ソレ…
それ、
縄文時代から現代まで変わってねえんだよお前それは。。。。

ただなあ 

破壊されちゃうんだよ 

駄 目 な 物 は 全 部・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by imag0220 | 2011-05-17 16:59 | [原発のコト]

【今夜放送】チェルノブイリ原発事故から24年【Ustream(ネット中継)で学ぶ】

※[Ustream]ネット中継
 イベント情報は、最後にあります↓※


1986年、
4月26日。

チェルノブイリ原子力発電所で大事故が起きた。

今から24年前の大惨事。

24年経ったけど、
でも
過去の話じゃない。

全然、
なんにも終わってない。
現在進行形の
終わりのない悲劇。

どこか知らない
遠くの外国の話じゃない。

日本全国…
北から南、
西も東も…
あっちにもこっちにも…
地図を見ればゾッとするほど
原発だらけの この日本では
チェルノブイリと同じ危険と
いつも隣り合わせ。

知らなかったじゃ済まされない、
事故が起こったって、
何をどうしたら良いかも解ってないし、、
事故が起こってないけど
危険は降ってきてる・・・とも聞く。

未来の子ども達のため…ダケじゃない、
今の自分たちのためにも、
知らねばならない時が来ているんだな…

と感じる。

もっと知りたい、学びたい。
そして考えたい。
正しい方向に動きたい。

ということで…
今回は
今夜ネットで中継されるイベントの紹介です。


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------


■アースデイ東京2010参加企画 

 Naked Loft
 2010年環境問題プロジェクト「国産チェルノブイリ」

【出演】 田中優(未来バンク理事長)

    / 木下デヴィッド(プロサーファー)

【音楽】つばさ

■中継サイトURL

 【USTREAM】
 http://www.ustream.tv/channel/loftch


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------


『国産チェルノブイリ』
…ってタイトルから
もう既に
背筋がゾワゾワ
心臓ハタハタ・・・ってなるんだけど、

田中さんのお話は、
他にも動画サイトに多数UPされてるから
幾つか拝聴したことあるけど、
とても分かり易くて
ただ驚かせたり、
恐怖心を煽ったりしないので
とても理解しやすいし、
すんなり頭に入ってくる。

[原発のコト]なんぞや?
と、
知るきっかけになるはず。

ワタシ自身もとても楽しみにしております。
ツイッターと連動でコメント書けたりもするので
見ながら人の意見を聞けたり
そういうのも面白いです。

クリックでもちろん、無料中継ですんでね。
ぜひぜひ。


また、長々と書きますが
それは、また後日<(_ _)>

それでは、ではまた☆
[PR]
by imag0220 | 2010-04-26 15:57 | [原発のコト]

推進←【日本の論点2010】→反対

b0149241_9205621.jpg

「原発(原子力発電所)のコト」に
関心を持ってしまったので、

生まれてはじめて
こんな本を買った。
↓↓

『日本の論点2010/文藝春秋』

普段ほとんど読書しない私的に
約800ページもある分厚さ
大真面目な内容に
見た目から既に怖じけづいた。笑
まあ
でも、
これがなんせ、面白い。

なぜ、コレを手に入れたかっていうと
もちろん
「原発について知りたいから」なんだけど、

この本にはどうやら…

『推進派』と『慎重派』の、
どちらの専門家の見解が載ってるらしい!

と、知ったのが1番の理由。

で、
いまさら
わざわざに打ち明けることも無いんだけど
私は、
「原発」というものに対して、
超ウルトラスーパー批判的であり
慎重派であり反対派である。

いつもなら
寛容のフリした只のYESマンで、
世の流れに流されヘラヘラして
我が道を楽しむところ、

この『原発』に関しては全力で【NO!】だ。

あわせて叫ぶが、
『原爆』ももちろんNO!だ。
『核爆弾反対〜!』と叫ぶ皆さん、
原発反対もセットで言わなきゃ意味ないよ!

だって、

100万kWの原発を1年稼動させたら
長崎原爆『 30発分 』のプルトニウムを作りだすらしいんだ。
(※広島型原爆→ウラン
長崎型原爆→プルトニウム)

体内に入ったら
ガンや白血病になる確率が高くなる
『 死の灰 』は、
広島原爆の『 1000発分 』ってんだから。。

愛媛の伊方は3基で200万KWと聞いたから…
単純計算、
その2倍のプルトニウムと死の灰を
毎年毎年うみ出してるってわけだ…。

…言葉失う。。

で、
そんな↑だもの
大事故が起きた時のリスク、被害の度合いが
どうやらシャレにならない…というのは空想じゃなく
過去の事故が証明済みだ。

24年前の1986年、旧ソ連で起こった
チェルノブイリの爆発事故。

当然4才の私にその記憶はもちろんないけど、
高校生の時に夢中になった
Dragon Ashの曲に
『チェルノブイリに悲しい雨が降る』
というのがある。

昔はただ何となく聴いてたわけだけど、
今はその歌詞の意味がよくわかる…。

10行程の歌詞の中につまった
チェルノブイリの悲しい事実。

“何もないはずの公園
この雨がやむ頃に
子供達の笑い声はまだあるのでしょうか”

チェルノブイリ事故で
ゴーストタウンになった街の写真を見た。
ネットで検索すれば画像でも
動画サイトからでもヒットする。
生きているうちには二度と帰れない。
自分の意思で戻ったとしても、
健康でいられる保障はないし、
癌や白血病などのリスクは高まる。

この宇和島がゴーストタウンになると想像したら泣けてきた。
生き場所はここしかないのに。

チェルノブイリの風下にあった
ただそれだけの隣国は被曝し、
危険な放射能汚染地区となり人々は故郷を追われた。

罪のない子供。
被曝した女性から生まれたという、ただそれだけの子。
放射能の影響と思われる身体のつくり。
内臓をやられ小さい体に大きな手術のあとが痛々しい子。

学者たちは彼らの涙も研究対象なんだろうか。

▼Youtube「チェルノブイリ原発事故(6-6)」
 事故処理に駆り出された市民の姿、
 事故後の町の姿(ゴーストタウン)や現実が映っているのでこの動画を採用。
 (この番組に対しても、「ちょっと…」と思うところは有るのだけど)
 
 もし、日本の原発でこんな事故が起こったら、
 誰が後始末の作業をするのだろう?
 総理大臣?県知事?政治家?・・違うね、
 自分の家族、恋人、友人が駆り出されるかもしれない・・・・ワタシ自身かも知れない。


事実・現実に眼を見開いて向き合いたい。
国益、町の財政も大事だろう、でもあまりに辛すぎる。

イコール、

こんな小さな日本で、
こんな小さな地球で
ひとつしかない地球の上で
あまりにも危険すぎる。
無責任すぎる!

原発も原爆も、
必要としない世界に
進化しようや現代人。

去年の夏の終わり
やっとこ愛媛県民に戻った私、
その矢先の最近に始まったプルサーマル。

高速増殖炉もんじゅ(福井)が
ありえない…と袋だたきの
気色の悪い事故を起こし、その上、
よほど焦ったのか…ヤバかったんだろうね
事故隠しまでやってたもんで、
現在もトラブル停止中。

それで困ったお国様は
急遽の作戦変更、
名ばかり核燃料サイクル事業、
『プルサーマル』に突貫チェンジ。
机上の数字の帳尻合わせのために開始とか。

私が選んだ県知事じゃないんだけど(苦笑)
GO!GO!サインを出しちゃって
とうとう営業運転始まった。

安心?安全…だと!?

プルサーマル開始数カ月前、
燃料棒に小さい穴があき
放射能漏れがあった…という。

その原因は…『不明』と聞く。

安心安全にハテナが満載なのになぁ。
知事は何を根拠にOK出したか
教えて貰いたい。

きっと素人の私でも解る話しなんだろうね、
だって素人の知事が解るんだからさ。

全く安心できずに
心臓ハタハタたまらんから、
説明して安心させてくださーい!って感じ。
真面目にそんな番組ないんかな?
そーいうテレビだったら
噛り付いて見るけどね。

…で、

私は、
今の暮らしに幸せを感じている。
家族と支え合って生きるという平凡な毎日に
笑って泣いて怒って叫んで、
やりたい事をやって生きている
この当たり前の日常に満足している。
こんな私を受け入れてくれる友達や、
好きだと言ってくれる人だっている。

私は今のこの生活に満足している。
不安や焦りも、幸せのうち。

だから、

いま現在の私が
変わらず笑顔で過ごせるために
そして
未来を生きる子供たちにも
この当たり前の毎日を
イイか悪いかわらかんけど
現状維持は保証してバトンタッチしてあげないと
それが
過去に生きる者=我々の、最低限のルールじゃないかと思う。

でも原子力は
今を簡単に吹き飛ばす。

残念ながら
今の人間のレベルでは扱いきれてない…と私は感じる。

後始末の仕方もわかってなくて
グダグダやって、
肝心な所は先のばし……
未来の人への贈り物に
『高レベル放射性廃棄物』て!

メッセージには、
『我々には手に負えない代物だったので
未来でどうにかしてください〜』
って書くのか。

それとも、恩着せがましく…
『我々が原子力と共に発展してきたことが
未来の君達の今に繋がっているのであるから
ゴミを始末するのも当然だ』
とか言うわけ?

というか、↑そう考えてなければ
『原子力立国ニッポン!』
なんて、
未来の子供たちに
面目なくて言えるわけない。
『ゴミとリスクを押し付けだけじゃねーかよ!』
って呆れかえるわ。

未来の子供たちにアホ呼ばわりされたくないな。苦笑

要は、
人間が扱ってはいけないモノであるから大反対だ。

でも、、

反対!反対!!嫌だ!嫌だ!!
と叫んでみたって、

もう既に稼動しちゃってる原発は、プルサーマルは、
国策パワーのバリケードで守られてるから
簡単には停まらんのだろう。

国策をひっくり返すことが出来るのは、
市民の声だと私は信じている。
お国に無視できないほどの大きな竜巻を起こして
そうすれば…

日本の何十年も先を走っている
賢い外国のように、
我が日本も気付いてくれるはずだ。

諸外国と違い、
地震の多発する日本では
今のまま、
『原子力立国』なんて叫んでるようじゃ
確実に日本は滅びるってことに。
金儲けと引き換えに、
人命と健康と我々のふる里を汚染し、
奪うことに成り兼ねない
原子力なんて、、

今の人間の力では
制御できてないんだから止めて欲しい。

と!

とはいえ!
とはいえ!!

昨日の今日に、
原発のゲの字を知った程度の
私ごときですから、

もしかしたらで
もしかすればーー…

反対しちゃうのは
ただの
‘放射能過敏症’(by映画・東京原発)なだけで、
被害妄想がいきすぎてるダケかもしれん!?

知らない事がまだまだあるはずだから、
原発推進派の意見を聞いたら
安心して賛成できちゃう理由が見つかるかもしれん!?

推進派の人、慎重派の人、
それぞれの専門家からの見解を知りたい!!!

と、ある意味
推進派の人が私の恐怖を鎮める
希望の光りだったから
反対派の人よりも先にその論説を読んだ。


原発での相次ぐ事故&トラブル、
地震でやられた
新潟の柏崎刈羽原発の放射能漏れのこと、、

原発周辺に見られる
桜や魚たちの、奇妙な異変……

建設反対運動、最終処分場の問題、

もーね、
調べれば調べるだけ
不安と不信感であふれ、
胃が痛いここ数カ月だからね、

どうにか納得させてよ〜!
推進派の人〜!
って感じでね!

…がっ、
ががが、、
うーーーん。。

期待はするもんじゃないなぁ。

結局のところ、
『痛い部分は軽やかにスルー』

『なにも解決してない』

って、
感じた想った私の感想。

なぜ推進するかは、よーく理解した。
世界が原発つくりまくりな姿勢だから
原発を作ってる日本の大手企業が潤うから…結局、、金、金、金金金!

安心安全については今まで通りで問題無し…?
イイ様に深読みしたとして…

今はまだ公表できない…特効薬…みたいなものか何かが
近々できるのかなあ??

放射能を分解する何かが出来る・・・とか?見込みあるとか?
(↑以上2点、全部妄想)

原発推進派の切り札、

もし仮に、
原発がCO2削減に貢献したとして……

ちょっと最近怪しいにおいの
「地球温暖化」ってやつが防げとたして……

『地震』が起きたら
どうなるんですかね?

新潟の原発は、中越沖地震でやられた。
海から空から放射能もれ漏れ
地震のあった年に咲いた桜が異変を伝えた。
同時に、人間は小細工だんまりするのも教えてくれた。

そーーんな事実がある、
イコール=安全神話なんぞ崩壊だ…

老朽化の原発に延命処置でまだまだ稼動させる…福島原発
ボロボロなのに稼動させ
その上、プルサーマルを…やる…だと?

そのプルサーマルで使われている(玄海、伊方)
モックス燃料には「やばい」って噂で…

もう!

そーいう部分に全く触れないんだもん!

まいっちゃうわーー。。

世界の流れが原発推進で…
『原発ルネッサンス』がキター!
って追い風だーーー!

って!

金儲けの話しはわかったから

地震+原発…恐怖の『原発震災』
ここんとこ、どうなんですかね?
チェルノブイリになりますよね?

地震で家はガタガタ…
水道電気ガスのライフラインとまるし…
怪我してりゃ傷が痛いし…
でー、
さらに、
原発震災の大恐怖!
放射能が降り注ぎ、、、

その地区だけでなく、
他県…日本中…地球中に…

空から、海から
放射能で汚されていくわけだ。。
ガン、白血病、
我々大人だけなら黙って死のう。
反対しなかった(できなかった)自己責任ってことで。

でも、
何の罪もない子供たちを苦しめる、
それは無しでしょ!

どうしたら良いんですかね?


って、まあ゛、
私の不安と不信感は全く解消されず、
そればかりか

意図的に都合の悪い部分
(耐震問題、核のゴミの問題)
の問題点には触れてないんじゃ無いのかなあ。

※触れてるけれど、
 なんか、しっくりこない。
 のらりくらり~と交わされてる感じ

って事で、
ますます不安&不信感はますばかり
…妄想から確信へ、って感じで

推進派の人には
期待裏切り、ガッカリさせられたわけなんだけど。

これ以上、今以上に原発を建てたいなら、
推進するなら、
慎重派の人や
私みたいな
不安がってる一般人を納得させてからにしてよね。。

選挙近いからいうわけじゃないけど、
自民党はそういう
自分達の悪行愚策の尻拭いを
きちんとして沈没して欲しいし

民主党も徐々にシフトする感じにして…絶対に推進はNG!

原発問題は自民も民主も一緒なんやねぇ
何なの?って思っちゃう。

さて。
この本を買って
よかったなーって思ったのは、
『原発問題』だけでなく、

『地球温暖化』
『巨大地震』
『資源問題』

そんでもって、

『地方自治』関係、
『公共事業』のこと、

などなど、
無関係だから読むつもりなかった他の論点もが
原発に繋がり&キーになってる気がする。

原発の建設や、最終処分場の候補地問題で
なぜだかいつも、
財政が苦しそーな地方に押し付けられてる感があったから、、

あれこれ知れて、
考える&判断する材料になり、
有り難い。

原発が無い世界を目指すために
もっともっと調べて考えていきたい。

まずは大地震がくる前に、
手をうたねば悲劇は繰り返す。

…と胃の痛い、
今日この頃です。(←キッコ氏のマネ)

▼Youtube
「感動ドキュメント・チェルノブイリの子供たち」
 24年経った今でも、
 何も解決していないのこの現実。。



[PR]
by imag0220 | 2010-04-12 09:20 | [原発のコト]

「原子力発電所」のコト-4

超有名ブロガー・きっこ氏が
原発について記事をUP!

▼きっこのブログ 2010.04.01
 タイトル『わくわく原子力ランド』

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2010/04/post-a601.html

私の頭の中に渦巻いている…
「謎」と「矛盾」と「クソッタレ感」、
それに対する ほとんどの「答え」がギッシリつまっていて、
さすがの まとめップリで、、思わず感涙。
感動・感謝の涙よ。

アホな私でも理解できる、、
イコール、
分かり易すぎるから、
恐いし、怒りも湧いてくるし、それを通り越して、
涙が出る・・・・・・・・・ってことよ。

『わくわく原子力ランド』ってのは
詳しくはキッコ氏のブログを読んで貰えれば 
よーーーく分かるし、現物は…っていうと、、、↓

「あとみん-原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト」
っていう
こちらのサイト↓
http://www.atomin.go.jp/atomin/index.htmlに載っている、
『わくわく原子力ランド(小学生用)』と
『チャレンジ!原子力ワールド(中学生用)』っていう

原発を推進する国が税金を投入しまくって制作した
「原発OK!原発安心!原発凄いぞ!洗脳教材!!!」
…って感じの教材。
    
   ※個人の意見です

教材っていうからには、公正公平に書かれてあるかしら・・・と、
思いきや、、、
思いきや!!!!!!ゾゾゾゾゾっ!・・ってな具合。

ツイッター上でも話題になっていて…

「なんじゃこりゃ?
 洗脳テキスト・・・?(失笑・恐怖)」
「きっこチャンがマトメてる(ブログリンク)」
「しかし酷いね~」
「税金を無駄にするな!」
という具合に出回って、
RT、RT、リツイート(口コミ)されまくっている。

んででで。

こんなもんで勉強させられたチビッコが
どういう思考回路になるか・・・ってのは

このコンテストの状況を見れば、
よーーーーーく分かる。。

▼文部科学省 原子力教育支援事業
  普及啓発課題提供(原子力ポスターコンクール)
http://www.atomin.go.jp/atomin/popup/kyoiku_shien/h21/7_poster/results.html

こころ真っ直ぐ・清らかなチビッコがね、
原発のコトを正しく、まともに勉強したら、、
こんな結果にはならんハズなんだよね。

まぁ、、これを書かせた「大人」が、
『こういう風に描け』って指示したのかも・・・って想像すると納得が行くけど。

チビッコ達のコメント“<ポスターで伝えたいこと>”
というのを読んで、悔しくなった。

「クリーン」
「エコ」
「空気を汚さない」
「環境に優しい」
「自然の美しさを守る」
「原子力のおかげ」

・・・・・・・・・・要は、大人が悪いのよ。
私みたいなアホな大人が悪い。。
スマン。。。チビッコ達。。
もっとのびのび自由な絵を描いて、
チビッコ達は天才的だからね、、(…って、絵画教室の先生も仰ってた)
「それで良いね!」っていう世の中になると良いね。

「それ“が”良い」じゃなくて、
「それ“で”良い」の世の中よ。

で、

このコンテストの結果に対しても
「酷い・・・子ども達に何教えてんだよよ!!」っていう反応。

(ま、コンテストや公募やらってのは、そもそもが
 審査する側の都合の良い作品しか 選ばんのだろうから、
 結果はこうなるっちゃぁ、こうなるワケだが。)

大人による、
大人のための大人の政策を、
子ども達にも押しつけ、植え込み
そうやって洗脳させていこうっていう手口が気に入らない。

事故の悲惨さ、
原発が繰り広げる悲劇を教えているとは思えない。

死亡事故の件だって、
作業員の不手際と作業員に押しつけ、片付けている。

『「原発は安全」なのに「作業員がミスした」』
っていう誘導、洗脳。。
実際は、
作業員のミスではないんだよね。
会社が、指示したんだよ???(↓動画あり)

そして、事故で亡くなったのは「作業員」ではない。
ちゃんと名前のある、
ひとりの男性、人間、同じ人間だ。

臨界事故っていう事故があり、
それで犠牲になった作業員のOサンが居る。

その件についてだって、
『町の人達(600人以上)も被曝した』
って資料を見たけど、、
何一つ触れてない。

「被曝」だよ???? 
日本人なら、その言葉の重み、恐さを知ってるはず。

事故で亡くなったOサンの話、

「家に帰りたい」「お母さん」「モルモットじゃない」
死が迫るにつれて、心の叫びが言葉になった。
最期は、
寄り添う奥さんに「愛してるよ」と伝えて亡くなったという。

30代の、Oサンという、ひとりの男性。
動画をググればその時担当した医師や看護師の話、
Oサンの姿を知ることが出来る。
観て貰いたい。

▼東海村JCOバケツ臨界ウラン放射線・放射能被曝事故(原発関連)
http://www.youtube.com/v/pYB58P3t_Hs&hl=ja_JP&fs=1&


で、

そーーーーいうことを、伝えてないから、
「キレイ」だの「クリーンだの」子ども達は勘違いをする。

危険なものだと分かってないのは、教師の教え方がマズイからだろ。

「○○人の被害だった」とか、
数字で片付けようとするその姿勢が気に入らない。

仕組みは、専門家にまかせておいて、
事故の状況、
作業員が置かれている事情を 伝えて、そこから考えてもらうのが教育じゃないかね?

洗脳したい、誘導したいのが、教育なのか。

と・・・・いう私の感想でもありましたが、

きっこ氏のブログを読めば、

鳩山首相が
『原発推進!推進推進!!』って猛プッシュするのはなぜか?
ってことと、

佐賀にある、玄海原発の近くに住む人からの
貴重な意見、体験談・・・・

原発の周りの桜の異変・異常や、
魚たちの異常をまじえて… 

ゲゲゲッ原子力ランド!ゾゾゾ原子力!…って感じの内容。。。
ヒトゴトじゃない・・。。。。
と、ますます想うのだ。
桜や魚に異常が出るんだから・・・・人間に異常がないわけが無い…

原発は原発のあるその町や その県だけの問題ではない、
“ヒトゴトじゃないんだ!!!”
というのは、
大分県知事のこの動きからもわかる。

※(☆~)←カッコ+☆…薄いグレーの文字は、
 さかほしの個人的な意見・感想・ツッコミ

▼『原発事故速報:大分県、
   愛媛・山口に要請 伊方65キロ、上関35キロ』
               (2010.03.31毎日新聞)

プルトニウム入り燃料を通常の軽水炉で燃やすプルサーマルが伊方原発(愛媛県伊方町)で今月始まったが、

↑☆「プルサーマル」って、
 普通のとは違う“特殊な燃料=MOX燃料”ってのを使った 
 特殊なヤツなんだけど、、(扱いづらいって、超有名)
 いまの原発は、その特殊燃料を使える用の炉(構造)じゃないんだと。
 大丈夫・・・かね??
 原発関係のサイトを見ると…
 どこでも「大丈夫です!(キリッ)」って出てるけど、
 どうして大丈夫と言えるのかね????
 私は…きしょく悪い予感がするよ。。。どう想うよ?


万一の大事故時には大分側に速やかに情報提供するよう、
県が昨年、愛媛県に申し入れていたことが分かった。
原子力防災に関する直接要請は初めて。

↑☆大分っていったら、九州の右側。
 愛媛に近いね。別府温泉だね。
 遠路はるばる、ワザワザに………ざわ・ざわ。。。


県は合わせて、
18年稼働予定の上関原発を抱える山口県にも同様の申し入れをした。

↑☆[上関原発]は、現在建設予定中!絶賛予定中。
 まだ工事も始まってないよ。
 建てる気満々の原発関係者と
 反対派の人達との闘いは前回書いたけど(→[3]、[訂正と反応])
 昨日、
 また涙が溢れる報道があったので、それについても、反応します。
 この後すぐ!!!


 伊方原発は大分市佐賀関から65キロ、
上関原発は姫島村から35キロに位置する。
国が定めた原子力防災対策地域は、原発から20キロ圏内まで。

↑☆ネットにゴロゴロ上がっている
 過去の大事故・小事故を数々(動画や資料や意見)を見てきたけど、、
 「危険なのは、ここから、ここまで(きりっ☆)」
 って、
 数字でビッシリ線引きできちゃうのは、、、
 凄いことよ~~~。。マジ凄い。
 何この神業?
 神降臨?!!?…って感じ。。。

 チェルノブイリの事故(1986年)は、
 国の機密事項ってことで他の国には伝わって無かったらしいんだけど
 隣の国の放射能数値がイキナリ上がって、
 「何かおかしくね?あっち(ソ連)の方から…なんかオカシイ…」
ってバレたらしいんだから…

そう考えたら、こんな小さな国…日本だったら、、、
たられば考えてみたら、、
「20キロ圏内」なんていう数字がどこから湧いてきたのか、
誰のお告げなのか、、、、気色悪さで、心臓ハタハタ。。

でで、
なぜ数字を「20キロ圏内」って書いてるか考えてたけど、 
きっとね、
大惨事が起こったあと、
ガンや白血病…などなどの病気が多発する…と、

でも、原発推進しまくり日本国側は、
「20kmより外だし、
 あなたの病気は
 原発事故との因果関係は無いですね!
                    (キリッ!)」
って言うんだろうな。。

事故が起きてしまって、
「一瞬で死ねる」と思ったら大間違い。
一瞬で死ねない …という言葉の意味は自分で考えて欲しいけどね。。

自分ひとり、個人の問題だったら良いんだよね。
でも、
家族や恋人、友人達がそういう目に遭うのは、
そして、
チビッコ達が病気で苦しむ姿は、見てられんでしょ。
…ってことをお伝えします。


県防災計画にも原発事故を盛り込んでいないが、
「県民の安心感が高まるなら」と対応を取ることにした。

↑☆宇和島の私でさえ、対策を何も知らない。。
 どうやって、いつ、誰が教えてくれるのかね・・・・????


広瀬勝貞・大分県知事は15日の定例会見で
「プルトニウムを燃やすことで特に危険性が増すとは思わないが、
念には念を入れる」と説明。

↑☆その姿勢は大事!!
チェック!ダブルチェック!(ちょっと意味が違う)・・・ん、でも~・・…↓


経済産業省トップの事務次官として、
原発を推進してきた経緯があるが、
本県への立地については「可能性はない」と否定した

↑☆国は、鳩山さんは
 原発を十数基~20基近くまで作るぜ!(キリッ☆)って宣言してるから、
 原発推進の経験を生かして、よ~く理解してるんだろうから、
 大分にも作ったらいいよ!
 手あげちゃいなよ、YOU!

私は[原発のコト]を調べ始めて
「心臓ハタハタ」となりっぱなし。
恐怖 としか言いようがない。

その恐怖や不安を解消したいから、
安心を求めて、いろいろ調べてみるんだけど
どれも納得のいく説明とは言えない。

ハタハタの原因になっている、
過去の事故があまりにも恐ろしすぎるから。

安心・安全!を求めて調べて調べて調べるけれど、
安心???安全・・・・・だと??? ってなるわけ。

恐怖が解消されない「この現実」に
ますます心臓ハタハタと、
『知らなきゃ良かった……』の後悔ばかりで、頭の中がグルグルする。

最後に、あの…「ワクワク原子力ランド」の
子ども達用・・・・ではなく

「教師用のテキスト」を覗いてみてた。
だって、
教えるのは教師だからね。

指導方法が書いてあるけども、、、
これを発行している、この国が、
このテキストを通じて
子ども達に「何を学ばせたいのか」っていう
その目指すモノが見えてくる。

原発に「わくわく」してもらいたくて、
イイ子に推進賛成して、
「チャレンジ」してもらいたいんだろうね。。

そのまんまだけど。。

でも私は、
ワクワクしないし、
もう、、チャレンジ(=推進) して貰いたくないわ。。。

心臓がハタハタする!!!責任をとって貰いたいよ。

『原発さえなければ、こんなことに貴重な時間(人生)を費やさないのに…』

これは私がツイッターで呟いた言葉(を、丁寧にしたもの)だけど、

[上関原発(建設予定)]の目の前で生きてらっしゃる
祝島の人達の 反対運動という闘いは約30年続いていて、、
救いの手を差し伸べるヒーローは現れないのか????
国策は、誰にも停められないのか・・・・??
なんで、原発をつくらなイケンのか????
誰のための原発よ?(キッコ氏のブログにその謎を解く鍵が…)

と、そんなときに飛び込んできた、この報道…・・

▼『上関原発:島民らの妨害を禁止 山口地裁支部』
                   (2010.04.02毎日新聞)
中国電力が山口県上関町で進めている
原子力発電所の建設計画を巡り、
山口地裁岩国支部(大島雅弘裁判官)は、
反対派による沖合埋め立て工事の妨害を禁じ、
続ける場合は1日当たり500万円の支払いを命じる決定を出した。
(途中略)
同会と会員ら39人に埋め立て工事が終わるまで
一切の妨害行為を禁じたうえで、
1人でも違反した場合は、連帯して1日500万円を支払うよう命じた。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100403k0000m040097000c.html

祝島の人達は、
「自分トコには必要ない、NO!!」
って、
体を張って訴えている。

体を張らなければ、、、、着工されるからだ。
今までも、コソコソやられてるらしい。
だから、船を出し、シーカヤックで見張り、守っている。

前回、
「NO!」を断食で訴えていた青年の動画を貼り付けたけど、
彼は、電力会社の下請けの業者に、暴行されたらしい。。
島の人達に救われて良かったけど・・・・

なんでそういうコトになるのか?
なんで、そう、、必死にならんといけんのか???

そして、今回、、『連帯責任で』っていう判決は、、
何時代の話なの???
裁判所ってのは、、、
誰を守るための裁判所なの?????

水戸黄門はどこを旅してるのかなーーー、
大岡越前はいないかなーーー、
暴れん坊将軍はどこで、暴れていらっしゃる!?

この世の中には、ヒーローが不在すぎる!
だから、坂本龍馬とか昔のヒーローが大人気なんだ。
ウルトラ戦士達!4月1日だけじゃなくて、ずっと地球を、
日本を守ってよ!!!

支払う必要ないやろ。。

私だったら、そう言い放つ。。。が、
残念ながら、私に、そんな権力も・・・
代わりに支払ってあげられるお金も無い。

だから、この事実をお伝えする。
ツイッター上でいうと、「拡散する」っていうやつ。
「RT」だ。

誰も読んでネーよ!って言われたとしても
私は自分の想いを綴っていく。

だって、オカシイじゃない????気色悪くない??

自分トコの家の目の前に、原発・・・・作りたい?
作りたい人の家の目の前に作ったら・・?????

『そうだ!東京に原発を作ればいい!!!』

そうひらめいたのは、
「原発は、なぜ地方にあるのかね?」
と、その謎を追っていたとき。

で、検索をかけると
多くの人が それに気付いて呟いているし、
映画にもなっていた!

『東京原発』(2004年)

役所広司さんが主演の、
社会派だけど、原発のイロハがわかる
アホな私でもスルスル理解できた面白い映画だった。

最初から、最後の最期まで
「原発のアレコレ事情」がつめこまれていて・・・・・

1度観て、原発しらべて、2度目を観ると、
「そういうコトか!」と新発見する場面も多々あって
面白い・・・・という表現が正しいのか分からなくなるけど、、
実に観て良かった・・・と思う良い作品だった。

ただ、、
映画の中に出てくる数字や原発の事情が、
フィクションではないというコト。

そして、
我々が、今ここに住んでいるコトは、
映画の世界ではない。。

『映画だったらいいのになーーーーー・・・(溜め息)』

ってなっちゃう。
正直、もう、辛い。笑
めちゃめちゃ面白いけど
後悔する…
現実がよくわかる作品だった。

その件については、また後日…

▼ちなみに予告『東京原発』
http://www.youtube.com/v/4FGYy03d3Ko&hl=ja_JP&fs=1&


(つづく)
[PR]
by imag0220 | 2010-04-04 09:35 | [原発のコト]

訂正箇所、などの報告「原子力発電所のコト」

昨日投稿した[原子力発電所のコト-3]に、誤りがありました。

“祝島の人達が原発計画に反対しはじめて【27年】”
と、
何度も繰り返し書きましたが、

正しくは、 【28年】 でした。
失礼しました。

でも、、ほんと、28年て。。。
何なんだろう・・・・?

▼この動画は、前回書いていた
 28年目で、ようやく開かれるコトになった祝島での説明会。
 しかし、島の人達は上陸を許さなかった。
                  …その時の報道
「上関原発・中国電力の祝島説明会延期」


▼ハンガーストライキ(断食)で訴える青年、
「上関原発に反対 ハンストへ」
 電力会社の人のコメントが・・・・つらい。


祝島にも繋がる、
原発関連の記事、今朝の[愛媛新聞]にも書いてあったが、

▽ 『島根原発で点検不備…少なくとも123件』
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-30X028/1.htm

「点検したつもりが
 してなかったという不適切なケースが
 少なくとも123件あった」 

…とのこと。

“少なくとも123件”・・っていう言い方が、
もの凄く微妙。
もっと有る可能性も・・・ってコトかな。?

ツイッターで拾った情報によると、

「明日 原発を停めて点検する」とか。

明日て!
明日で・・・いいのかね???
不安じゃないかね???・・私は、不安。

だって、
車に置き換えてみたとして、
点検してませんでした!
でも、明日見るので今日は走ってOKです!

って言われたら、、
ちょ、ちょっと!!!怒 
ってなるやん。恐いもん。直ぐ見て!ってなるやん。
もしくは走らない・・とか。
何とも無さそう~・・でも、なんかあったら嫌だから私だったら乗らない。

ハタハタする。。

そして、こういう時のお約束の言葉・・・・・

『“放射能漏れなどの影響はないという”』 ・・だ、そうだ。

“という”・・・・・・・・・・って?

フワフワしてる、謎の語尾。。

白なの?
黒なの??
グレーです・・かも・・・・って感じなのかな?

なんか、もう、、きしょく悪い。。。

その[島根原発]は、
島根の松江にあり、中国電力が運営。

そうです、、
先ほどの(↑)動画にも登場していたけど、 、

『我々には30年の実績があり、
 安心安全の原発を作ります、運営します』

と、祝島の人達に繰り返し唱えて
理解を求めていたのが、中国電力の人たち。。。

電力会社の人達も、、つらいだろうに。
と、逆に考えてしまう。
(もちろん祝島や反対派の人達の苦しみも・・考えれば考えるだけ辛い。。
理解できん苦しみがあると思う。。。想像しきれない。)

お仕事だろうけど、でも同じ人間だし、
良心痛んでるひとも、おるだろう。

だからもう、、お互いが、
それぞれに辛いんだから、
辞めたらダメなのかな??

原発でない、
他の事にシフトすればダメかね?

「殿!勇気ある撤退を!!」
…って、誰か言ってくれないかな。
(「殿」が誰なのかはわからないけど。。)

私は、原発のコトを調べだしてから (っていうか、ネット上の情報が主)、
いろいろ見て聞いて、考えて、
ずっと、
平和的な解決策を考えている。
アホな頭フル回転。。。おかげで頭痛が酷い。

一番はお金の問題なんだと思うんよね。

建てた後のこと、
最終的にどうするか・・幾ら掛かるか・・等は
考えてなさそうで驚きと恐怖の連発だけど、(後日書いていくつもり)

だから、

[上関原発]は、まだ建ってないわけだし、
この28年の、
これまでにかかった費用、(…配り終えた補償金も含め)
目をつぶるってことで・・・ダメかね???

計画も、金のコトもチャラにしようぜ!

って、
言えんかな。。。

「未来」を、そのお金で買うというのなら
怒るどころか大賛成だしょ。。

それが出来ないから、、
苦しい思いを続けてるんだろうけど。。。。。。。。何で何やろ。



心臓がハタハタする記事が、、、もう一つ。

我が愛媛の[伊方原発]の件も同じ紙面に載っていた。。

『プルサーマル 商業運転開始
 安全保安院の検査合格』

・・とのこと。

そうなのですね・・・・と、思いながら、、
横の記事に目をやると、

『金属製部品折損 ピットに落下か-伊方1号機-』 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!?」

『燃料と一緒に炉心に入った場合、
燃料被覆管に穴を開け
燃料棒から放射性物質が漏れることも考えられるという』

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!???????」

そして、おきまりの・・・・

『放射能漏れはないという』

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・という。。。。?」


安心・安全は言うまでもない・・絶対条件。
稼働しつづけるってことは、、
大丈夫・・・・ってことで良いのかな????

信用するしか無いんだけど・・・・・無いんだけど・・・ないのだけど、

万が一、、
絶対に「アリエナイ」と仰っている、
「万が一」は、
いつ、なんどき起こるか分からん。

地震…のことが気になっていたけど、
今回の部品落下の件みたいに、
事故を起こす可能性も考えられるってことで、、

地震=自然相手に、
人間ごときは敵わない と私は思っているから、
起こるときは起こる。

万が一、、、何かしらの原因で事故が起こった場合、

だから万が一、
その時は、隠さず、迅速に教えて貰いたい。

信じるしかないけど、、

で、、

万が一が起こったら、どうしたら良いんだっけ???

遠くへ逃げろ!って感じかな?
どうしたらいいのだっけ?

風下へ、、
遠くへ・・・・・・・・・って、
もう、何が何だかワケ分からんなるね。。

間違った動きしたら
被害が大きくなったり、大惨事よ。。

ん?まてよ、
場所によっては、
屋内避難でいいのだっけ・・・???


過去に起こった
外国や他県での事故の例が頭に浮かび、
物凄く
ゾッとしている。。。。。。


(訂正だけのつもりでしたが、
記事に反応となりました。。

…つづく)
[PR]
by imag0220 | 2010-03-31 18:07 | [原発のコト]

「原子力発電所」のコト-3

(原発のこと-[1][2]の続き)

「地方に原発が多い理由は『金の問題』、
巨額の補助金や税収が入ってくるため。
 仕方のないことだなぁ。」

「しかたない」という魔法の言葉で
解決したつもりでいた。

しかし
それから しばらくして、
それは大きな間違いであることに気付いてしまう。

キッカケは、

私がいつも世の中の事情を学んでいる
超有名ブログ『きっこの日記/ブログ』の中の記事だった。

イマ現在の、
今のイマに起こっている“現実”、

[ 山口県-上関町-祝島 ]での
『原発反対運動』 を知ってしまった。

-----------

[上関原発]は
建設計画中の原子力発電所。

建設予定地の わずか4km、
目と鼻の先…真ん前に原発の建設を予定されているのが
[祝島(いわいしま)] http://www.iwaishima.jp/だ。

祝島は、瀬戸内海に浮かぶ
人口は500人ほどの小さな島。

周りの島とあわさって、
人口3000人程の「上関町(かみのせき)」
というらしい。

祝島は、
キッコ氏のブログに載っていた写真を見ると
ハートの形に見える可愛い島だった。

弥生時代から続くという漁業で、
今日まで島の多くの人が生活をしてきた。

代々受け継がれてきた
瀬戸内での穏やかな暮らし。

そんな穏やかで
幸せな暮らしを脅かしているのが、
1982年に発表された
「上関原発・建設計画」だ。

今から27年も前に発表された計画が、
未だに『計画中』であり、

そして住民の方達は
27年間もの間
ずっっっっっっっっっっっと闘い続けている。

賛成派も、反対派も、
お互いが約30年間も・・原発計画・・に苦しめられている。

先週の愛媛新聞にも載っていたけど、
説明会を開こうとした原発側の関係者が
祝島の人から「上陸拒否」をくらっていた。

『来るのが30年遅い!』と、追い返されていた。

その抗議の意味を、考えてみた。。

私のようなものには到底想像もつかん、
長い長い闘いがそこにあったのだと、
アホな頭をフル回転して、頑張って想像した。。

27年もの間、、、ずっと闘い続けている。

27年・・・・・・・・・・て!!

計画が持ち上がった1982年、私は生まれた。

27年前に私はまだ存在していないんだよね。。。

てことは、

私の今のイマまでの人生
全部ひっくるめたこの27年のあいだ、

祝島の人達は、
ずっと闘い続けてきたというのだから、、、

もう、
何も言葉が出ない。。。。。。。。。。。


この【27年】という時間の重みに、
事実・真実・現実に、私は心が苦しくなった。

・・・・何で こうなったんやろ??

私の人生、
まだまだたったの27年…って思っちゃいるけど、
「たった27年」と言えない重み。

祝島の人達は
27年もの貴重な時間を=人生を、
原発反対に費やしている。。

同じ町の人同士で、、
賛成派、反対派にわかれて争っている。

……なぜ?????????

▼上関原発:2009.9.15
「祝島は海を売っちょらん。中電の海じゃない。帰れ」
http://www.youtube.com/watch?v=uqC2M-GGasA


(上(↑)の動画を見れる環境の人しか
この、
島の人達の叫び=ホンモノの迫力が伝わらんと思う。
私の言葉にしてしまい、とても申し訳ないし力不足ではあるが、
どんな動画なのかを書いておくので、イメージして貰いたい。
できれば、動画を見た方が良いんだけども・・・・)

これはニュース映像、
山口県からの報告。

『上関原発の建設をめぐって
 海の埋め立て工事をはじめようとする中国電力に対し、
 今日も 設に反対する住民の抗議が続き
 作業がはじめられる目処はたっていません・・・・』

電力会社の作業員の乗った船と
住民が乗り込んだ漁船が
ギリギリのところまで接近し睨み合っている。

反対住民側は20隻以上の漁船、
シーカヤック(カヌーみたいな)に乗った人も沢山いる。

「反対」と書かれた旗、頭のハチマキ、
団結して反対を訴える人達の姿。

船の上からも
陸からは街宣車から、
建設反対の叫びが響いている。

船を出し、
陸では座り込みをし、
体を張って、命を賭けて海を守ろう…という気迫が伝わる。

反対派の声…

『今日で5日目だ 
 何回、同じ事を言えば気が済むんか?!
 祝島の人の気持ちは変わらんのだ!
 まだわからんんかー!?』

映る住民の顔、顔、顔・・・・

私の親よりちょっと年配だろうか…
おばちゃん、おっちゃん、、そして
じいちゃん、ばあちゃんが映っている。

「帰れ!!! 帰れ!!!」
と叫んでいる。

船の上から 中国電力の人の声…

『マイクとマイクでの応戦ではなく
 冷静に話し合いが出来る場を・・・・』

その声にかぶせて
「原発を立てさせない祝島住民の会」の人の声…

『冷静に話し合いたいのであれば、
今すぐ引き上げて、対話ができる状況を作るべき!』

子どもの声、
若い人の声、、
反対派住民の叫びは変わらず、『帰ってくれ!』

------------動画説明の途中ではあるが、

動画の開始早々…この時点で、
私は 恐怖 を感じた。

一応説明をいれておくけど、この頃の私というは、
原発の「げ」の字も知らない、
興味もない、
この反対運動の歴史の何を知ってるわけでもないし、
っていう
ただの通りすがりのイチ視聴者という目線にあるわけだけど、

工事開始するぜ!とやる気満々、
準備万端の船を目の前にチラつかせながら、
「対話をするから、抗議をやめてください」
と言われて、
誰が信用できるんやろ。。?

あら そうですか?・・と引き下がった途端に
何をされるか分かったモンじゃないよね。。

穏やかでない場面なんだから、
まずは、刀を収めなさいよ…と、、
自分の姿を鏡で見てみれば?何その完全武装!?
って。

まずはそこからでしょう、、って話だと思っていた。

・・・・・・・・・と・、

なんにもわかってない私でさえ、
「それは無いわぁ・・・(恐怖)」
って ドン引きだったんだから、

30年近くも闘い続けている祝島の人達が
何を、
どう、、
信じられるというのだろうか。。。?

そして、
祝島の人達・反対派の人達は
『中止前提の協議しかしない』
と訴えているのだから、

中国電力側の
「作業させてもらうための話し合い」
という選択は、
もう無いと思う。
諦めるほうが早いと思う。

現に、
さっきも書いたけれど、

「祝島で説明会を開きます!」と、
30年経った今、この平成の22年に
ようやく
やってきた原発の関係者を
祝島の人達は上陸を拒んだ。
許さなかった。

反対派の皆さんは30年前から一貫して
人生をかけて『反対』してきた。

祝島の人達は、
10億円以上という補償金も
一切受け取っていないんだそうだ。

その約30年、
私1人の人生そのものの長さと、
金の受け取り拒否、

それこそがもう、
絶対に『アリエナイ』という意思表示だ。

なのにも関わらず、
「交渉させてくれ」「話をさせてくれ」と言っている。

これ以上どんな答えを突きつければ、
理解して貰えるのだろう?

そもそもが、
理解するつもりが無い・・・・のだろうし、
その執拗さに、、ゾッとしてしまった。。。


--------------動画の説明に戻る、その前に…


ここから先は、
私が初めてこの[動画]を見たときの率直な感想と、
最近ようやく
いろいろ原発について学びはじめた
現在の私の考えをまじえて続けていくつもりだけど、

[きっこ氏のブログ]を読めば、
「原発とはどういうものなのか」、、
いろんな角度から見えてくるので
私の文章にお疲れの方&お急ぎの方は・・・・・

▽キッコ氏のブログ↓
○ 2009.09.16『祝島というニポンの宝』
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/post-8137.html
○ 2009.09.30緊急のお知らせです!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/index.html

------------------[動画]の話に戻るが、

“2分36秒あたり”で山口県知事の発言が流れてくる。

『県として何をすべきか考えてない。
 法律の主旨に沿って対応していきたい』

この言葉を聞いて、
何と言ったら良いか分からない、、
とにかく気持ちの悪い
モヤモヤ感が溢れてきた。

『・・・・・法律?』

埋め立てを許可した側であるから
当然の発言なの・・・だろう。

だけど、

祝島は、
山口県の島じゃないのかな?


「やめてくれ」
「帰ってくれ!!」

って叫んでいる島の人達は、
県知事と同じ、山口県民じゃないのかな?

法律・・・ってのは、国のため…か?
国ってのは、、
首相?
大臣?
議員・・・?

誰のための日本国??????

この事業を推し進めようとしている、
この国の…誰か知らんが
そうとう権力のある人間なんだろうな。。

この声に耳を傾けることはあるのかな?
叫びは届かないのかな?

同じ 日本国民じゃないのかな?

同じ 人間 じゃないのかね。。

選挙で選ばれた町長かもしれん、
選挙で選ばれた知事かもしれん、
選挙で選ばれた首相かもしれん、、

でもこれが本当に、
民主主義だというなら
誰のための法律であり、
誰の命=人生=人間 を守りたいのか・・?

『命を守りたい』

何度も繰り返した首相の言葉。
今は私の心を
寒々しく吹き抜けていく。。


祝島の人達が、27年(約30年)もの間
時間もお金も力も=人生を費やし、
己の命をかけて反対を叫んでいる。

その声に応えない理由は、何?
なぜ諦められない?

…っていうか、

原発を建てたら、、
良いこと尽くしじゃないのか???
海も、山も、空も…安心…なんじゃないのか??

…って、コトだ。

でも、
「嫌だ!」
とキッパリNOを突きつけている。

何で・・・・・・・・?

動画に映っている島の人達を見れば
この島も高齢化が進んでいるのかな…って分かる。

それなのに、

「原発効果で人が集まるよ~」ってふれこみよりも、
「金」で手に入れられるであろう 美しい町よりも、
今の生活を、
瀬戸内海の自然と共存して生きる道を選ぶのだ!と叫んでいる。

その理由…は??

その様子を見て私は、

『原発って、、何なんだ・・・?』


頭の中がハテナだらけになった。


日本の、
そして山口県の、小さな島で起こっている現実。

知らなかった、現実。


この動画を見て私は何事かと目を疑ったし、
その後にキッコ氏の記事を読んだ。

原発というものの真実が見えてきて、、
ものすごく気分が悪くなった。。。

それは
原発に対する恐怖もあるが、
ソレについて
今まで何も気に掛けることなく生きてきた自分と、

知ってるのか・・知らないのか、、
無関心に過ごしていられる
大人たちの姿に対する 恐怖でもあった。

・・・・何で平気なんやろう?

・・・・何でそんな落ち着いていられるんやろ?

私はこんなに恐いと思っているのに、
祝島の人達は人生かけて反対しているってのに、
何なんやろ??????

・・・・何で???

[原発]、[原子力発電所]っていうモノが
愛媛にも伊方原発っていうのがある。

よく知らない。
でも、
すぐそばに近いところにあった、現実。

3月からは
[プルサーマル]という、
核燃料サイクル事業…というのが始まった。

去年のいつからだろうか、
愛媛新聞やテレビで、
『MOX燃料(モックス)』
という言葉を頻繁に聞くようになった。

でも、
よく知らなかった。。

ずっと前にWeblioで調べた時も、
聞き慣れない専門用語だらけに諦めスルーした。

『なんだろう??』のモヤモヤは
本当は、
頭の片隅にずっと引っかかっていた。

でも、めんどくさくて辞めた。

自分の町の話じゃないし、
関係ないし、
難しいことは他の人に
専門家や大人達に任せておけば良いや!
そりゃ、地震が来たら恐いけど、
「安心・安全」って言ってるから・・平気じゃね?
私は私の人生で手一杯だし。

…って、思っていた。


『届いてくる報道が、この世の全てではない。
 そして、
 それらが 真実でない場合もあるし
 なかなか見えてこない現実も山ほどある。』

私が尊敬する数少ない大人達が、
そんな事を話をしていたのを思い出す。

『知らないことが、た~っくさんあるんだよ!』

っていうのは
リリーフランキー氏の絵本、おでんくんのセリフだけど。。


私はなんていう、
平和ボケでボケボケでボケまくった、
世間知らずのアホウだったのかと恥ずかしくなったし、
これ以上踏み込まない方が良いんじゃないかと恐い気がした。

そして
知らされず、気付かされずに
平気で過ごしていられる世の中の風潮に、、ゾッとした。
(私が知らなさすぎるのかもしれないけれど…ね。)

原発以外にも山ほどあるんだろうな。
キラキラした平和な表の世界と、
苦しくて悲しくて悔しいなかなか見えない、裏の世界と。

こんな現実が、
現在進行形で繰り広げられていたとは。。。

心臓がハタハタとして
気分が悪くなった。

そして、

“何か”から目を背けようとしているからこそ、
『仕方ない』
という言葉で誤魔化そうとする。

だから、ワタシ自身も実は
「原発には何かある」
と感じていたということだ。。。

では、

『「仕方ない」と思わせる、
      言わせる理由は…なんなんだ?』

「もっと知っておく必要がある!」
 …という自分と、
「関係ないね」
 …っていう自分と、、
「何で今まで知らなかったんだろう?」
 …という自分と、
「これ以上は知らない方が良い」
 …という自分と、、、

頭の中が
ぐるぐるしだした。


(つづく)

※今後、
カテゴリー[原発のこと]
で続けていきます。
[PR]
by imag0220 | 2010-03-30 11:28 | [原発のコト]

「原子力発電所」のコト-2

[1]からの続き。)

「原子力発電所(原発)は
 地方に多いのが特徴的」

クイズ番組で聞いたその言葉に
モヤモヤっとしたものを感じたので
ネットで検索をしてみた。

生まれて初めてだった。
「原子力発電所」とググるのは。

▽ Weblio辞書
[原子力発電所]

● 「地方に多い」の言葉の通り、
 東京、大阪等の都会には無いことを確認
 
↑↑
…ちなみに
1970年の大阪万博では、
美浜原発(福井)からの電気が供給され
『未来のエネルギーとしての
  原子力発電のPRの一環であった』という。

大阪万博のテーマは…『人類の進歩と調和』…というんだから
原発は人間の知恵の集結…だものね。
原発に限らず、最先端の発明に感動し、
ソレを進歩だと信じ、未来に夢や希望、
豊かな発展の可能性を感じた…のかな。

平和で便利な機械も溢れている時代に生まれた私にとって、
その熱意を理解するのは、ちょっと難しい。
ある意味、羨ましいなと想ったりもする。。


● 原発は全国に 55基 ある(2008年)

↑↑
同じ場所に複数ある場合が多いから、
47都道府県…の数より多い数になるんだなあ。
(愛媛の伊方原発には3基ある)

● 原発を誘致すると
 巨額のお金を貰える+税収が入る=町が潤う!

↑↑
そういえば、
伊方の町役場なのかな?
公共施設に道路に、見た感じがすごくキレイ。
お金持ちの町の証なんだな。

● 建設、点検、運転で雇用が増える

↑↑
何千人規模の人が集まるとか。凄いコッチャ!!

● 観光客がやってくる

↑↑
原発目的…ではないが、伊方へ行くと
お気に入りの「しらすせんべい」を必ず買う。
なんてったって、
伊方の鬼の太鼓判だからね!
それと、
風力発電の風車をみるたび、
「風の谷のナウシカ~♪」って頭の中に流れてくるし、
『ここは、
 発電所の町なんだなぁ』って実感する。

でも、
『原発そのもの』を見たことない。
どこにあるんやろ??
 
・・・・・

その時の私は
ザックリ調べてザザッと読んで、
気になることもまだまだ沢山あったけど、
正直 面倒になり、
とっとと答えを出そうと
勝手な解釈をした。

『地方はお金が無いから原発を呼ぶんだ』

という[答え]をもって、閉じた。

クイズ番組で聞いたあの言葉に抱いた
何とも言えないモヤモヤとした胸騒ぎも、
すぐに忘れた。

(つづく)
※[原発のコト]で続けます。


▼ 先週の宇和島城
桜の見頃は、もうちょいかな。
100319_150008

[PR]
by imag0220 | 2010-03-23 11:47 | [原発のコト]

「原子力発電所」のコト-1

去年だったか
もっと前だったか、
テレビのクイズ番組を見ていた。

地図記号を当てる問題で、

「地図上にある
  この地図記号は何か?」

と、
いくつか珍しい地図記号が出題されたあと、
出てきたのは『 発電所等 』だったと思う。

([発電所]とは、発電機を設置し
 水力・火力・原子力・地熱・風力・潮力などを利用して
 発電機を回転し電力を発生する所。
 [記号]の場合は、発電所と変電所を表す。)

▼ 発電所等 
(小学生の時習ったのにね…忘れちゃうんよね。。)
000027655


さっきから、
「だったと思う」
って曖昧な書き方をしているのは
作業をしながら流していた程度だったので、
出題から回答の流れを熱心に見ていないし、
一言一句ハッキリとは覚えていないという事。。

でも、
正解がでた直後の補足コメントについては、
ちょっとだけ濃いめに覚えている。

言い回しは微妙に違うかもしれんが
こんな感じだった・・・

『 ちなみに
  原子力発電所は
  地方に多くみられるのが特徴的です 』


アシスタントのアナウンサーが
手持ちの原稿を平然と淡々と読み上げる。
会場がへーとかホーとか湧いて、
そして
とっとと次の問題へ移る。

その言葉と様子に 私は、
何と言ったらイイのか分からない
引っかかりのようなもの、、
モヤモヤした想いが溢れてくるのを感じた。

[2]へつづく)

※今後、
カテゴリー[原発のこと]
で続けていきます。
[PR]
by imag0220 | 2010-03-19 11:35 | [原発のコト]
line

創作家・イラストレーター     さかほしけい


by imag0220
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31